FC2ブログ

プロフィール

masahuuki

Author:masahuuki
お酒が好きなため最近太り気味です。散歩をしてダイエットをしていますが、髪の毛の方がダイエットになってきてます。

いらっしゃいませ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

2020/02/08 (Sat) 07:50
いろはに千鳥 お・の・ゐ

いろはに千鳥 おのコピー いろはに千鳥 ののコピー いろはに千鳥 ゐのコピー

2020/01/23 (Thu) 08:24
歩けない僕らは

歩けない僕らはのコピー
 回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士・宮下遥は、慣れない仕事に戸惑いながらも、同期の仲間や彼氏に励まされながら患者たちと触れ合う日々を送っている。
 担当していたタエが退院し、新たに遥が担当したのは、帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植だった。
 遥が初めて入院から退院までを担当する患者となった柘植から、元の人生には戻れるか聞かれた遥は、何も答えることができなかった。

監督: 佐藤快磨
脚本: 佐藤快磨
プロデューサー: 登山里紗

キャスト
宮下遥:宇野愛海
柘植篤志:落合モトキ
田口勝:板橋駿谷
相馬幸子:堀春菜

作品データ
製作年:2018年
上映時間:37分
製作国:日本
配給:SPEAK OF THE DEVIL PICTURES

2020/01/11 (Sat) 07:31
一度死んでみた~

一度死んでみた~のコピー
 大学4年の野畑七瀬は、製薬会社社長の父親・計と2人暮らし。
 何かと口うるさく干渉してくる計が大嫌いな七瀬は、日々「一度死んでくれ!」と毒づいていたが、計は偶然開発された「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、本当に「一度死んで」しまう。
 それは会社乗っ取り計画を耳にした計による、社内に潜んでいるであろうスパイ社員をあぶりだす秘策だった。
 おばけとなって姿を現した計、薄すぎる存在感から「ゴースト」と呼ばれている社員の松岡、そして七瀬の3人は、会社乗っ取り計画阻止と計を無事生き返らせるミッションに挑むのだが……。

監督:浜崎慎治
脚本:澤本嘉光
製作:大角正、 石原隆

キャスト
広瀬すず: 野畑七瀬
吉沢亮: 松岡卓
堤真一: 野畑計
リリー・フランキー

作品データ
製作年:2020年
上映時間:93分
製作国:日本
配給:松竹

2020/01/05 (Sun) 08:41
オーバーエベレスト 陰謀の氷壁

オーバーエベレストのコピー
 ヒマラヤ周辺国家が地域の平和のために地域会議を開催することとなったが、会議開催前に機密文書を積んだ飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。
 その文書はヒマラヤ地区の平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。
 インド軍側は特別捜査官を自称する2人の男を緊急に派遣し、ヒマラヤ救助隊「Wings」に機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。
 隊長のジアンは隊が深刻的な財政難であるという現実を前にガイドの依頼を引き受けることにする。
 標高8848m、氷点下50度という苛烈な雪山の頂・デスゾーンに挑むミッションの背後で、世界規模の陰謀が動き始めていた。

監督:ユー・フェイ
製作総指揮:テレンス・チャン
脚本:ユー・フェイ

キャスト
役所広司 :ジアン・ユエシュン
チャン・チンチュー :シャオタイズ
リン・ボーホン :ハン・ミンシャン
ビクター・ウェブスター:ヴィクター・ホーク

作品データ
製作年:2019年
上映時間:110分
製作国:日本・中国合作
原題:氷峰暴 Wings Over Everest
配給:アスミック・エース

2019/12/16 (Mon) 07:52
男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ50のコピー
 柴又の帝釈天の参道にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていた。
 その裏手にある住居では車寅次郎の甥である満男の妻の7回忌の法事で集まった人たちが昔話に花を咲かせていた。
 サラリーマンから小説家に転進した満男の最新作のサイン会の行列の中に、満男の初恋の人で結婚の約束までしたイズミの姿があった。
 イズミに再会した満男は「会わせたい人がいる」とイズミを小さなジャズ喫茶に連れて行く。
 その店はかつて寅次郎の恋人だったリリーが経営する喫茶店だった。

監督・原作:山田洋次
脚本:山田洋次、 朝原雄三

キャスト
渥美清:車寅次郎
倍賞千恵子:諏訪さくら
吉岡秀隆:諏訪満男
後藤久美子:イズミ・ブルーナ(及川泉)

作品情報
製作年:2019年
上映時間:116分
製作国:日本
配給:松竹

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ